スタッフ紹介

山﨑 大輔
お家探しはタイミングも重要ですが、プロのパートナーは必要不可欠です。
氏名
山口 智之
はじめまして。代表取締役の山口智之でございます。
一姫二太郎の2児の父親です。
出身は水の都、静岡県三島市で、箱根山のふもとあたりで育ちました。子供の頃はとにかく外で遊ぶことが大好きで、実家にはいつも昆虫や魚など、捕獲してきた生き物がたくさんいました。学校へ行くときも、クワガタを半ズボンのポケットや筆箱に入れて登校するくらい。(笑)西伊豆の祖父が営んでいた民宿に行くのを毎年楽しみにしていて、夏休みはいつも真っ黒に日焼けしていました。
中学では野球部に所属、補欠でしたので実はあまりいい思い出はありません。高校ではフィールドホッケーを始め、国体・インターハイに数回出場することができました。今でもグランドを見ると、暗くなるまでボールを追いかけた青春の日々を思い出します。
大学では親元を離れて上京、テレビも電話もない部屋で強烈な孤独感に襲われたことを今も鮮明に覚えています。(今みたいに携帯電話がない時代でしたので・・・)当時はアルバイトもたくさんしたので、お金を稼ぐことの大変さと親のありがたみを痛感した時期でもありました。在学中に母親の「なんの資格もないと就職できないから、宅建でも受けてみれば」という一言で半ば強制的に試験を受けることに。親に言われるとなぜか反骨精神が出るもので、一番安い参考書を1冊購入し、約4ヶ月間、参考書をひたすら読み、試験前には参考書のテキストをほぼ覚えるくらいまで勉強しました。その甲斐があって、合格点をはるかに上回るパフォーマンスを発揮できたことは、その後の就職に大きな縁をもたらしてくれることになりました。
そして、気がつけば、東宝ハウスグループに入社して20年以上が経っていたわけです。
これまで重要事項説明及び契約に携わった数は優に1,000件は超えますが、そのひとつひとつの取引のお陰で、プロとしても人としても大きく成長することができました。

お家探しはタイミングも重要ですが、プロのパートナーは必要不可欠です。ノンストレスで気持ちいいお買い物をしていただけるよう、全力で業務に取り組んでいます。
私自身もプライベートで2度ほど、不動産の売買を経験しております。失敗できないお買い物だからこそ、お客様へ的確かつ丁寧なアドバイスをするために、これまでの経験を踏まえた上で、日々アンテナを張って不動産のマーケットや金利の動向に注視しております。
大小はともかく、お家は安らげる場所であり、かけがえのない思い出をつくる大切な場所です。そしていくつになっても、家の佇まいや香りは記憶をタイムスリップさせてくれます。
あまり皆様にお会いできないことも多いのですが、お客様への出会える喜びと感謝をもって、丁寧にお話を聞かせていただきます。
スタッフ一覧に戻る
ページトップへ